※こちらの記事はに更新しました。

私も今まではprp皮膚再生療法はずっと危険だと思っていた人でした

ネットやメディアの情報を信じて危険そうだから「これだけはやらないでおこう...」とそう思っていたのですが私たちは医療資格をもったプロでもないのであくま素人の考えでそう思っているだけなんです。

つまりちゃんと知ろうとしないから、いつまでたっても危険だと思いこんでいるだけです。

なので先に結論を言わせてください。

確かにprp皮膚再生療法は危険は伴うものの、厚生労働省が安全性の高い医師、設備の管理体制など厳しく審査をおこない基準値をクリアーしたクリニックのみが提供できる医療技術なんです。

つまり私たちが見極めるポイント実績、症例数があり医療環境がちゃんと整っているクリニック選びが最も最重要であり危険性のリスクを最小限に抑えることが出来ます。

なので決してprp皮膚再生療法=危険ではなく執刀する医師の技術力によって危険性のリスクが高くなるということを知ってもらいたいです。

だからprp皮膚再生療法は本当にすごい技術なので決して危険だからといって施術をしないのは本当にもったないことなんですよ。

だからこそ私は今みているあなたにprp皮膚再生療法は危険ではない根拠を説明させてください

そしてもし最後までよんで納得頂けたら一度無料カウンセリングでもいいので医師と相談しながら素敵なお肌を手に入れてみてください(*‘∀‘)

■下記の気になる文字をクリックして頂けるとその記事に進むことが出来ます。




■ベストペーパーアワードを受賞した最新PRP皮膚再生療法の詳しい詳細はこちらをクリック←


■なぜprp皮膚再生療法は危険だと言われてしまうのか?

prp皮膚再生療法は正しく手術をすれば特にトラブルがないのですが当たりの悪いクリニックを選んでしまうと危険性が伴う可能性があります。

つまりこんなクリニックに足を運ぶ場合は危険のリスクがあるのでそのポイントをご紹介していきます

  • ホームページPRP治療可能と言いながらカウンセリングに行くと他の施術に誘導される
  • インフォームド・コンセントをしない
  • 症例数が少なくホームページに詳しい掲載がない
  • 第二種・三種再生医療計画番号を取得していない可能性

■ホームページPRP治療可能と言いながらカウンセリングにくと他の施術に誘導される

どのクリニックとまではいいませんが最新技術であるPRP治療を出来ますといってカウンセリングに行くとただのカウンセリングだと思っていたのでいきなり手術をすすめようとする可能性があります。
この場合は本当に手術が必要なのかを家一度帰って冷静に判断をしましょう。

■インフォームド・コンセントをしない

インフォームド・コンセントとはカウンセリングの際、医師が症状や治療内容をちゃんと説明を、患者さんが納得、同意を得てからはじめて治療段階に進むことを言います。

しかし患者の思いや流れを無視して医師の勝手な判断で手術をしようとする場合があるので注意が必要です。

■症例数が少なくホームページに詳しい掲載がない

しっかりとしたクリニックであればちゃんとその手術に対しての症例実績や症例写真・詳しい説明などを書いています。
しかし個人店舗で運営しているようなクリニックだと知名度が少ない分詳しい詳細を掲載することも出来ず、ホームページを制作費用もかかってくるので実際に足を運んでみないと判断できません。
中には上手い医師もいるかもしれませんがprp皮膚再生療法の危険性のリスクを考えると私だったら行きたくないですね。

3種再生医療計画番号を取得していない可能性

3種再生医療計画番号とは簡単に言うと厚生労働省の審査を受け認可されると取得できるものです。

つまり 3種再生医療計画番号を取得していないとprp皮膚再生療法は手術してはダメ!!ってことです。

3種再生医療計画番号は国の定めた120ページを超える申請書を厚生局に届け出さないといけないのでその高いハードルから申請手続きをせずにprp皮膚再生療法をしているクリニックが存在します・・・( ゚Д゚)

なのでこの3種再生医療計画番号を取得をしているクリニック選ぶことで危険性のリスクを抑えることが出来ます。

ワンポイントアドバイス!
再生医療をおこなうにあたって厚生労働省の認可が必要でその中で第1種、第2種、第3種と振り分けされているんだよね。

第1種、第2種、第3種の説明は簡単に言うと下記を見てね↓

■1種:他人の組織をつかう再生医療(iPSとか)
■2種:自分の組織を自分の違う組織へ移植
■3種:自分の組織を自分の同じ組織へ移植


このようにprp皮膚再生療法は自分の組織を利用する方法だから 第3種の取得が必要ってわけだ!




■最新PRP皮膚再生療法の詳しい詳細はこちらをクリック←


■prp皮膚再生療法のリスクについて

どんなに優れている医師であったとしても個人差はあるのでリスクはつきものです。 ここではprp皮膚再生療法でのリスクについて説明していきます。

肌にシコリ

prp皮膚再生療法は改良を重ねてかなり減ってはきているリスクなんですが、100%とはいいけれないのが肌のシコリです。
ただ現状では肌のシコリが出来る確率は1%だと言われているのでそこまで気にする必要はないかと思います。

しかし手術後、シコリは時間が経過すると改善されていくので気になる方は無料カウンセリングを受けて聞いてみましょう。

ワンポイントアドバイス!
ただしのこのシコリについてはしっかりとしたクリニックであれば患者さんに合わせた皮膚の厚みやシワの深さから計算して治療方法を考えていくよ。

また成分配合を計算して、何ccをどの程度の深さに注入すれうばいいといったオーダーメイド形式のプランも存在するからこのようなクリニックがあればしこりのリスクは抑えられるかと思うね。

内出血、赤みや腫れ

これも個人差はありますが注入後、内出血、赤みや腫れが起こる可能性があります。
しかし手術後、2週間程度で収まっていきます。
ただし目の下や皮膚の薄い個所では若干、長引く可能性があります。
もし気になる場合は予防や改善するクリームを処方されるのでクリニックに相談しましょう。

ワンポイントアドバイス!
これはいわいるダウンタウンと言われるものだけど部位によるけど手術後から3日~2週間で落ち着くね。

■prp皮膚再生療法の副作用について

ごくまれですがアレルギー反応や感染症を引き起こす可能性があります。また赤みや注入部分に膨らみが現れた場合は早めに受診することをオススメします。

ワンポイントアドバイス!
クリニックによっては24時間サポートというありがたいアフターケアーが用意されている所もあるからもし副作用で気になった方は受診をする方法もあるけど電話をする方法あるってことは知ってもらいたいね。

■実はメジャーリーガーで活躍中の田中将大ことマー君もこのprp皮膚再生療法を受けている

そもそも危険だったらprp皮膚再生療法を有名な人が受けないようね!って話です。
プロ野球選手で現在ヤンキースで活躍中の田中将太さんって方がいます。

田中将太さんはヘキサゴンのレギュラーでもあった里田まいさんと結婚しています。

田中将大さんは2014年7月に左肘靭帯部分断裂をしてしまいPRP皮膚再生療法を選択します。
その後、手術をおこないリハビリをかねて2カ月には復帰を果たしております。

このように美容以外にもスポーツ医学において応用されている技術です。

■厚生労働省が審査基準をクリアーしたクリニックをご紹介

さて最後となりましたが 厚生労働省が審査基準をクリアーしたクリニックをご紹介です。

これはあくまで個人的に意見なので手術を受ける際は自己責任でお願いします。

ただ信頼できることは確かなので今後の判断材料としてほしいクリニックは聖心美容クリニックさんです。



■聖心美容クリニックの公式サイト|無料カウンセリングはこちらクリック←

■聖心美容クリニックについて

  • リスクを最小限に抑えるために独自のプレミアムPRP皮膚再生療法がある※1
  • PRP皮膚再生療法の効果の持続性は3年以上
  • 症例数54,000件以上※2
  • ホームページにしっかりと症例写真がある
  • 3種再生医療計画番号を取得している※3
  • PRSベストペーパーアワードの受賞※4
  • 6ヶ月、1年後も無料の経過検診
  • 24時間のサポート体制※5
  • 全国に9店舗

ではこの中から説明が必要なものを書いていきます。

※1:リスクを最小限に抑えるために独自のプレミアムPRP皮膚再生療法がある

聖心美容クリニックでは独自開発された 従来のより進化したプレミアムPRP皮膚再生療法があり世界でも最高の権威と言われる医学誌PRSベストペーパーアワーの論文にて初の美容外科医として受賞されています。

引用元:https://dr-connect.jp/interview/15704/

※2:症例数54,000件以上

PRP皮膚再生療法をおこなえるクリニックは数少ないので1000人いってもすごいことなんですが症例数54,000件以上あるので聖心美容クリニックだけです。
やはり実績数があるクリニックだと当然安心感が違うので必然的に「通院してみようかな?」と思う理由がわかります。

※3:3種再生医療計画番号を取得している

先ほども言ったように3種再生医療計画番号を取得していないとPRP皮膚再生療法は出来ません。

その証拠がこちらです↓

引用元:https://saiseiiryo.mhlw.go.jp/published_plan/index/1/3
引用元:https://saiseiiryo.mhlw.go.jp/disclosed_committee/preview/07C1903014

※4:PRSベストペーパーアワードの受賞

PRSベストペーパーアワードとは最も権威のある医学誌なんですがそのプレミアムPRP皮膚再生療法が日本人初で受賞したってことですね。

論文掲載率は、20~25%と非常に低いのですがもっともすぐれた論文だったので受賞することができたようです。

PRSベストペーパーアワードの受賞と検索すれば上記の画像が出てくるので気になる方は調べてみてください。

※5:24時間のサポート体制

聖心美容クリニックで手術をおこなったさい、24時間連絡可能"夜間緊急電話番号"というものを配布されます。
電話をする時はお名前と手術日、施術医院名、担当医を伝えてください。
万が一の時でもいつでも連絡が取れるため私たちにとっては安心出来ますね。

■まとめ

prp皮膚再生療法は危険について書いてきましたがここまで読んで頂けたら危険とは思わないはずです。

やはり過去の自分は加齢とともにシワやほうれい線が気になってマスクをするような生活をしていましたがPRP皮膚再生療法をおこなってからは若返った肌を見ることがすごくうれしくて鏡を毎日みてはニヤニヤしています笑)

自分のコンプレックスをとるだけでここまで毎日が楽しくなるのでまずは無料カウンセリングを受けて自分の悩みを相談することからはじめましょう。



■prp皮膚再生療法が受けられる聖心美容クリニックの無料カウンセリングはこちら←

■prp皮膚再生療法の参考動画





■prp皮膚再生療法が受けられる聖心美容クリニックの無料カウンセリングはこちら←